沖縄での結婚式の慣習

沖縄での結婚式慣習とは?

前回は北は北海道の慣習を紹介しましたが、今回は南の沖縄での慣習を紹介します!

沖縄の結婚式は参加人数が多いです!300人くらいの規模は普通に行われています。500人クラスというのも珍しくありません。沖縄は島国で世間のつながりが強いのだそうです。日本は核家族化してお隣さんなど世間とのつながりがなくなっている中、沖縄は地域のきずながしっかりと守られているんですね。

そしてご祝儀の額は基本一万円です。参加人数も多いので一人当たり一万円でも良いそうです。本州方面の招待制のところは三万円が基本となるので、財布にやさしい!と思うかもしれませんが、先ほども書いたとおり沖縄ではつながりが多いので、呼ばれる回数もかなり多くなります。なのでトータルで見ると結婚式のご祝儀にかかるお金というのは本州も沖縄も同じくらいになるのではといわれています。

次に驚かれるのが、席に座った瞬間からお酒を飲み始めます。東京あたりでは席に座ってもカンパイの音頭があるまではお酒を飲んだりということはありませんが、沖縄では席について披露宴が始まるのを待っている間から飲み始めます。遠方から来られた人たちは結構驚いていますね。

余興がすごい!

最初は琉球舞踏の「かぎやで風」で始まり、最後は「カチャーシー」で終わります。とにかく披露宴の間も踊りを踊ったりと余興には力が入ってますね。

沖縄は沖縄で独特ですよね。

地方の慣習があっていろいろな地方の結婚式に参加するのも面白いですよ!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>