北海道などの結婚式の慣習

結婚式の慣習が地方によって違うというを前回書きましたが、今回は地方での結婚式の慣習について書いていこうと思います。

まずは北は北海道から。

北海道の結婚式は基本会費制で行われます。

招待状が来た際に会費が書かれています。相場としては1万3000円から1万5000円が多いと思います。

この会費を当日に会場の受付で払うというシステムになっています。なので会費のほかにご祝儀を包むのは親族もしくは本当に仲が良くて渡したい人となります。

会費制は招待制よりも安いので、友達等を呼びやすいために多くの人たちが参加しやすい傾向にあります。

引き出物も簡素なものが多いです。お菓子一つなど帰りも荷物が多くならないように気を使って袋一つに入るようおさめることが多いです。

そしてもう一つ驚きなのが2次回の会費です。

東京などでは相場は5000~高いと10000円位するところもありますが、北海道では3000円位のところが多いです。

オシャレなバーなどを貸し切りにしても人数が集まれば一人当たり3000円から高くても5000円位で収まるが一般的ではないでしょうか。東京などから来た人にはこんな安くていいんだなんて驚かれることがありますね。

冬には雪が積もるので、基本外での結婚式というのはありません。

この慣習は北海道や東北地方の一部で行われているようです。青森県は会費制がほとんどだそうですね。

招待制と比べると会費制の方が金銭面ではありがたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>